2015年9月18日金曜日

ついに、ファーガソンFE35を見つけた!!?

超ひさしぶりの更新です。時事ネタブログでは無いとはいえマイペース過ぎですね(苦笑)


●第2回、オールド・トラクター展示会にて

2015年8月22・23日、北海道十勝は音更(おとふけ)町・駒場にて「オールド・トラクタ展示会」が開かれました。昨年発足したオールド・トラクター保存会による2回めの展示会です。

このイベント、昨年の第1回は終了後に知って悔しい思いをしたものでした。
※ようやく行けたこの様子は後でまとめて書くかもしれません。


●気になる一台

適切なクラッシックぶりの魅力的なトラクターが多数あって大満足のイベントでしたが、一台、割とよく見る機種ながら私(だけ)が大興奮したのがコレです。

一見すると、屋根にバンパー、フロントフェンダー等、オーナー手製のカスタムが施されたマッセイファーガソンMF35ですよね。

Ferguson-FE35

MF35は後の35Xも含めて日本に多く輸入されたことから、この形をしたトラクターは年式の割に良く見かける機種ですし世界的に今も実用されている個体の多い機種です。このイベントでも他に35Xが2台有りました。

なので、もし、私が車で走行中にこの個体を見かけても、あまり気に留める事無く通り過ぎたかも知れません。

●ところが・・・

Ferguson-FE35

んん!? 

しかし!近づいて私は驚きました!

エンジンと車体といった鋳鉄部分はグレーに塗られていますが、所々がブロンズ色に輝いて何だか凄いオーラを発しているではないですか!

Ferguson-FE35

オーナー様の好意で給油用フードを開けてもらうと鉄板パネル内側はグレー!

ちなみに他所の35Xも同じく開けて貰ったのですが、そちらはボディ同色の赤で違っているんです。


鼻先の飾りは有りませんでした。一見するとの穴もなかったのでパテ埋めしたのかと思っていたら、キョンシーの札のようにぶら下がった説明書きの下に3つの穴が隠れていました!

初期の35につく 「Ferguson」表記のエンブレムは横長の小さいもので、レプリカを見ても横3ピンが突き出ているようです。

この初期35の場合はボンネット横に「Ferguson-35」の立体のバッチが有る筈ですが、そこにはリベット3つだけが有りました。しかしMF35になると機種名はデカール表記に変わっているので穴自体がなく、リベットで塞ぐ必要がありません。

 つまり・・・以前紹介したコイツの実車だ!



1956年の生産開始から1年ほどしか作られなかったマッセイ・ファーガソン35の初期型がこれ。

当時、既に会社はマッセイ・ハリス・ファーガソンだったもののエンブレムはシンプルな形の「ファーガソン」名でした。それらが格好良いかはともかく希少性があるので、アホなトラクター・ウォッチャーとしては一種の憧れを抱いていたマシンなのです。

 ファーガソンのエンブレムが付いた物は、かつてニセコで観た時に旧ブログで書きました。しかし、あの時は赤いボディだったので、以来、いつかはこのグレー/金の「これぞFE35」という奴を見たいと思っていました。

 ちなみに典型的な赤いMF35への変化は徐々に行われていったようで、端境期の「初期エンブレムでありながら赤/グレー」というニセコの個体ズバリの時期も有ったと最近知りました。知ってしまうとあれはあれでじっくり見たいですね・・・あれ、消えちゃったんだよね・・・

◆◆◆◆

今回の個体はオーナー氏によると、中古で入手した当時から既に赤/グレーの塗装だったそうで、当然ながら本来はグレー/金の貴重なモデルという事はご存じなかったようです。

というか私だけ騒いでるのですが(笑)

 勝手な想像ですが、最初のオーナーは金/グレーを入手したものの、時代を経て中古業者などの手を渡る過程で「人気のMF35」の色に塗り替えてしまったのではないでしょうか。そちらの方がより新しい上に見慣れていて、しかも評判の高い機種ですから、初期マイナーバージョンよりは高く売れそうです。


ようやく出会えたレアな機種が、その特徴を全て消すように改変され、平凡なマッセイ・ファーガソンMF35風になってしまったのは皮肉としか言いようがないですが、時代を経る過程で普通に変更されたものである以上、他人がどうこう言える事でありません。コレもまた立派な車歴と言えるでしょう。

それでもオリジナルの金色塗装であったなら、このイベントでも一味違った個性を放ち自慢の一台になれただろうと惜しい気がしました。



そうそう、このトラクターは、もう一つ私が興味を持っているスピンナ型のポテト・ディガーのトラクター仕様を牽引していました。写真はカバーを外したところで、ヒッチで持ち上げて車輪を手で進行方向に回したらフォークも回りましたし、車輪を逆回転させると1ウェイ・クラッチがパチンパチンッと空回りしてフォークは動きません。メカ的に理解していましたがる実際に作動を観れて嬉しかったです。またフォークをスティックでなく別軸の円盤で規制する珍しい方式なのもよかった。


※オーナーの方には長いこと話し相手になって頂き感謝です。



関連

旧ブログ 突然ですが・・・。 マッセイ・ファーガソン 35