2011年12月30日金曜日

ポテトスピナー!

ポリススピナーにあらずであしからず。
またまたマイナーなネタで恐縮ですが、いや、でもコレが結構面白いんです!

コレはポテト・ディガー(イモ掘取機)の中でもポテト・スピナー(スピンナ等)という方式の農機具で、主に1940~50年代にジャガイモ農家の多い北海道で普及しました。


機械としての構造は比較的単純でして、幾つかの部品を買えば町工場の規模でも造れるレベルだと思います。そのせいか同方式を複数のメーカーが生産しているにもかかわらず、そのどれもが形がよく似ていて殆ど見分けが付きません。

 これを近くで見る事が出来れば、人が鍬(くわ)で掘り起こしていた作業を自動化した事が一目瞭然で笑ってしまうほど単純です。なにせ本当に鍬が5本ついていてグルグル回るだけですから。

とはいえ、これでも(カタログの宣伝文句によると)手作業の40人分の働きをするというのだから決して馬鹿には出来ない作業機だったでしょう。

  基本的に畜力農機具なので、前進すると車軸の回転からベベルギアで後部の5本鍬を回わす仕組みになっていて、バックする際はラチェット式のクラッチが働いて逆回転しないようになっています。

 ちなみに主にトラクターで使われるポテト・ディガーには現在使われているリンクベルト式という立派な作業機が戦前から有るには有るのですが、(恐らく大きなコスト差から)トラクター購入後もしばらくポテト・スピナーを使用する農家も多かったようです。この固体もトラクター用ではないかと思います。

 

下図はこの個体のメーカーでもあるスター農機のカタログから「馬鈴薯堀取機」。さすがに細部まで良く似ています。生産時期も近いのかもしれませんね。

 ところで、図では右にノレン状の物体がぶら下がっていますが、未使用時は邪魔なためか、外されるか失われてしまうようで、今のところ付いている個体を私は見たことが有りません。これで飛びすぎたイモをキャッチするのだから意外と豪快に掻き出すようですね。

 今回のはとある農家宅で展示?されていた個体で、羊蹄山をバックにした素敵なロケーションでありました。実は北海道を走り回り、注意深く捜すとごく希にですが、このように門前などに置かれたポテト・スピナ-を見かける事があります。しかし、これだけオリジナルの塗装やマーキングが残っているのは他に見たことがありませんでした。しかも鍬の杖が木製タイプですからきっと屋内保管されていたのでしょうね。とくに防錆塗装もされていないので少々勿体ない気もしました(その後撤去。どうなったのでしょう・・・)。

 さて、他にも見つけた個体が幾つかあるので(需要はゼロでしょうが)いずれ紹介していきたいなぁ(笑)

関連リンク
ポテトスピナー2
ポテトスピナー!

2011年12月18日日曜日

スターウォーズ小ネタ

ちょっとお気楽ネタも混ぜないと・・・調べ事していて、答えが出るまでフンヅマリになって、また何ヶ月も放置しそうです。

スターウォーズEP1最大の疑問が解けた。

スターウォーズのEP1~3にはイマイチなポイントが幾つかあるけれど、中でも、ジェダイ達のスーパーマン的描写は映画的な意味での最大の失敗かもしれません。

というのも、そのシーン自体が面白くないのは良い(?)んですが、それ以降の全ての場面で、「いやいやアナタ、あの凄いジャンプ力で逃げれるじゃん。なぜ能力を使わない?」といった具合に、アクションシーン(見せ場)の緊迫感を一気に減退させてしまうからです。

ま、そんな事はスターウォーズファンなら重々承知という事でしょうか。そんな意味でのEP1最大の疑問シーンを、ダークサイドからのツッコミではなく、愛の溢れる「擁護」で作られた見事な動画です。論理的に納得するかは別ですが・・・(笑)



昼下がりのAT-AT
個人的にスターウォーズ関連の動画では、上の動画と甲乙付けがたい最高傑作です。もっとも比べる様なクオリティじゃないですが。 これは出来映えに感動。


どちらも大人気の動画です。まだの方は是非ご覧を。

2011年12月8日木曜日

大原鉄工所 小型雪上車 SM15 意外な正体

「ムム。このタイプは見たこと有るような無いような・・・」
大原鉄工所 小型雪上車 SM15
今年の10月、北海道旅行中の古い機械好き友人からメールが届きました。

「雪上車を積んだユニックが宿の前を通ったよ!その後、駅へ帰る途中に修理現場を目撃したよ!(大意)」とのこと。そして添付写真を見ると、まるでUMAのごとく微妙に見慣れない雪上車が写っているではないですか!ぬおー!

 ◆◆◆◆◆◆◆◆
実車確認
2日後、現場へ行きました。私が真っ先に思ったのは、「げ!小さい!」。 以前見た同型車よりも感覚的に小さい気がしました。変ですね。ユニックの荷台上で情け無さそうにしてる姿がそう見せたのでしょうか(笑)

傍らではゴムキャタピラの修理中でした。

観察するとゴムベルト自体は長い一枚物ですが、一つ一つ穴を開けて、センターガイドでもあるゲタ山金具(なんて言うの?)をボルト止めしています。凄く面倒な代物ですが、手間さえ掛ければ手作業で修理出来る方式ではあるなぁと感心です。トラクターをハーフトラック化する装軌ユニットも昔はこういう感じだった気がします。


 ◆◆◆◆◆◆◆◆
 こいつの正体
 さて、既にネタバレしているように、コレは大原のSM15とみて間違いないでしょう。ボンネットからフロントにかけての丸みが特徴的です。現在当たり前のゴムキャタピラ+ゴムタイヤに変わった最初の国産雪上車であり、後のSM20、SM30へと繋がるスノータイガー・シリーズの元祖という事で記憶しておきたいモデルです。

ただ、SM15なのは良いとしても 私が気になったのは、これまで見たSM15とは明らかに違うグリル形状です。簡単に言うと、普通は少々装飾的な「枠」の付いたグリルでしたが、コチラではジープのプレスグリル的な素っ気ない形で、面構えの印象が大きく異なります。

この他、気になったのはミラー。通常のSM15は昔の車のフェンダーミラーみたいな位置に小さな物が付いていました・・・と思ったものの、実はこれ、よく見るとミラーがブラスチックで新しげです。支柱ごと後付けしたみたいで、写真を確認するとちゃんと本来の取り付け位置にボルト穴が2つ開いてました(笑)。

という事なので、バンパーもオリジナルかどうか怪しいので重視はしない方が良さそうですね。なお、青味がかったグレーは後塗りで、その下は黄色のようです。元は開発局でしょうか。

  ◆◆◆◆◆◆◆◆

試作型との類似・・・

実は、SM15の試作1号車は、国内でテストされた翌年の昭和43年、第9次南極観測隊によって南極に持ち込まれています。後部の丸いボディが特徴で、これの写真は大変希少と思っていました。

ところが、前回のエントリーで南極の雪上車の画像を検索していたら、なんと!この1台キリの試作車が2008年初頭まで東オングル島にスクラップとして現存していたというでは無いですか!

そして写真、グアアッ!グリルがジープ風だ!

そのグリルの他にも、屋根の先端がなだらかにウインドウに繋がる造形や、ボディ全体がサビて鉄板製と見られる所が今回の車両と類似していて、これまで見た(あまりに少ないサンプルですが)量産型SM15とは異なっています。

これはつまり、今回のはSM15でも初期のモデルと見て間違いない?

量産型は、昭和42年(43年?)からガソリンと、ディーゼルの2本立てで作られましたが、ガソリン仕様は44年まで(僅か14両)、ディーゼル仕様は51年まで(139両)で生産を終えています。もし中でも極初期の型であるならば14台のガソリン仕様の可能性も有りますね。
(実はガソリン仕様の約2年で14両の生産ですらSM15GとSM15GTの前後期がある様ですが)。

  ◆◆◆◆◆◆◆◆ 
 ジープなグリル

この車種から採用される事になったゴムタイヤとゴムキャタピラの新しい足回りは、大原は当初、ジープの改造車両で実験を重ねています。そして試作型SM10とSM15が作られ、量産型SM15へと繋がりました。

もしかすると設計者は雪上ジープ的なイメージを最後までが持っていたのかも知れませんね。

面白いのは、今回見つけた初期量産型のグリル穴は8本で、試作型が6本である事。
これはジープの意匠登録とされる7本を避けたものでしょう。


◆関連エントリー
○大原鉄工所 小型雪上車 SM15
●南極の雪上車 SM25S
●南極の雪上車 KD20-2T


 ◆◆◆◆◆◆◆◆後日追記◆◆◆◆◆◆◆◆


●記事中にある、以前見た個体の写真が出てきました。

問題のグリル、よく見るとグリルガードを重ねて追加しているだけにも見えますが、その奥にジープ風グリルはないのでデザインチェンジしたものと思います。

屋根は先端まで平らで「載せた」風の処理になっています。その結果、 ワイパー付け根=雨ドイから上の高さがあり、後部も同様に変わっているのでキャビン全体が角ばって見えます。

バンパー、ミラーはコチラが本来の形と思われます。
色はオールペン間もないようでした。オリジナルではありません。

2017年追記
新たに見つけた個体、被せ式屋根など上の黄色車と同じ量産型ですね。 銘板を読むことができましたが、SM15Gの昭和46年11月製なので本文が間違っていた事になります。製造番号も3台分だけオーバー。開発局の車体ナンバーも別途プレートで記されているので開発局に納入した車両で間違いないでしょう。
さてコレは・・・、参照資料が間違っていたか私が読み間違えたか、お得意様の注文でちょいとエンジンだけ替えてみたので員数外として忘れられたとか。う~ん、分からないから面白い(いいのかそれで)


2011年12月7日水曜日

南極の雪上車 SM25S

南極越冬隊資料展示館 小型雪上車 SM25S 251号車
前回紹介のKD20-Tは稚内市青少年科学館に展示していますが、その裏側、駐車場の奥にうっかり見過ごしてしまいそうな「南極越冬隊資料展示館」があります。そこに南極地域観測隊の251号車、つまりSM251号車が屋内展示されています。
陸別町イベントセンター 小型雪上車 SM25S 252号車
北海道の足寄郡陸別町には陸別サーキットというオフロードコースがあり、その横の施設、陸別町イベントセンターに、252号車が展示されています。実は全く偶然見つけた物で、その後、ネットで調べても全然見つける事の出来なかった知名度の低い車両です。平成10年に持ち帰った物だそう。

◆◆◆◆◆◆◆◆
さらに2011年現在、福山自動車時計博物館に253号車が、つくばエキスポセンターに254号車が、千葉県松戸市の昭和の杜に255号車が展示されている様です。 

なんと1~5号車までの全車が国内に現存するんですね!
 この事実を知ってる人は少ないのでは!?





なお1~3号機までは通常の2本レバー操舵ですが、4号機からは丸ハンドルになっているので関東の4、5号車をご覧になる方はそこに注目してくださいね。 もっともレバー型の方も機械式ではなく油圧式のジョイスティック的な小サイズの物で、後の市販雪上車で採用される事になるタイプですので見ものです。


◆◆◆◆◆◆◆◆

これ以前の南極観測隊では、水上浮揚ボディのSM15S、SM20Sを採用していました。これは大原鉄工所の市販雪上車、SM15、SM20をベースとした車両ですが、浮力を高める為の軽量車体では牽引力が少ないなど問題があり、後継車では異なるコンセプトの全く新しい車体を開発する事にしました。油圧繰向装置を初採用するなどメカ的にも一新! いやぁ~それがこの格好良いSM25Sという訳です。なお、市販型は無いので末尾のSのないSM25型と記されていても同じ車種です。

試験を兼ねた1号車を南極に持ち込んだのは昭和62(1987)年の28次隊でした・・・という事で、前回の2次隊(タロジロの頃)あたりの話から一気に時間が経ってしまいましたが、北海道に有る南極用の雪上車は多分この2種の計3台だけなので当ブログとしては仕方ありませんw。全国には意外と多くの南極用雪上車が点在しているので、いずれ機会があれば観ていきたいと思うのでした(秋田の白瀬記念館は閉館時間に着いてショックだったなぁw)。

さて、雪上車は一般的に馴染みが薄いせいか、当サイトでも注目度は低いのですが(ん?、今まで注目度の高い物なんてあったっけな?)、このSM25Sは「フツーに格好良い」タイプと言えるのではないでしょうか。シャドーモービルとか、RSO後期型キャビンとか、ハフリンガー(装輪だけど)とか、男の子が好きそうな抜群のスタイルだと思います!


次回はこれの先祖、大原製の小型雪上車シリーズの元祖、SM15について・・・ 


◆関連エントリー

●南極の雪上車 KD20-2T
○南極の雪上車 SM25S
●大原鉄工所 小型雪上車 SM15



追加
つくばエキスポセンターのSM25S(254号車2014年撮影)

2011年12月5日月曜日

南極の雪上車 KD20-2T

稚内市青少年科学館のKD20-2T
  随分前にKC20-3ぎんれいについて書きましたが、その時にチラリと触れたディーゼル・トルコン版は載せていませんでした。コレがそのKD20-Tです。

KD20-Tは6両のみ制作された、長いボンネットが唯一無二なスタイルの南極スペシャルで、恐らく現存するのは1台という貴重品です。稚内市青少年科学館に展示されているこの個体は第2~6次観測隊(S32~36年)の5号車です。

外からじゃないと全体が撮れません(涙)
休館日でもこうして観れますが(笑)
まず、前モデルのKD20-1T
第1次南極観測隊(1956年冬~1957年春)は4台の雪上車を南極に持ち込みました。そのうちの4号車、KD20-1Tはディーゼル機関とトルクコンバーターを搭載した外観上も特殊な型でした。これは実績のない機械に対する試験的な意味のある採用でしたが、実用性が認められ、第2次観測隊では改良型が採用される事になります。

そして、KD20-2T
KD20-2Tは前年の「-1T」の改良型で、後部にウインチが追加されています。第2次観測隊では一気に5両が採用されました。が、結局、第2次、第3次隊では陸揚げ出来ずに国内へ持ち帰り、第4次隊の時にようやく陸揚げに成功しました。

現地改造のKD20型-3T
上記5両のうち、4次隊は5、6、7号車の3両のみを使用し、8、9号車は使用せずに温存しています。これは翌年、当初から雪上車を持ち込む予定のなかった5次隊の手によってキャブオーバー型キャビンに換装され、KD20型-3Tとして使用、ボディ外観は通常のKC20ともKD20とも異なります。2両のみと思われます。

第6次隊(越冬せず)で一旦昭和基地を閉鎖、この時点で既にこの5号車は可動車にカウントされていなかった様です。

この観測船「宗谷」の時代、第6次観測隊までの雪上車全11両は小松の「ぎんれい」でした。足回りは同じで、エンジン・ミッション・ボディの違いでKC20-3S系KD20-T系の2つに分かれます。

1、2号車(KC20-3S、1次隊)
号車(KC20-3R、レッカー仕様、1次隊)
号車(KD20-1T、1次隊、
5、6,7号車(KD20-2T 2次隊、4次隊で使用)
8、9号車(KD20-2T 2次隊、4次隊持ち込み、5次隊KD20-3Tへ改造)
10号車(第2次観測隊の引き返したきりのKC-20-3Sでしょうか)
11号車(KC-20-3S、3次隊)

観測隊の再開後はKC20-3Sが補充され続け、KD20-Tはこの1+5台で終了しています。なお、1956年10月23日、長距離テストとお披露目をかねて川崎市の小松製作所から文部省までをパレードした際の写真では、4を書き込まれたKC20-3Sを確認できます。KD20-1Tの開発がギリギリ間に合い1次隊出発直前に差し替えられた感じでしょうかね?



この車両は南極に長年放置されて傷みの激しい状態から1981年に修復された物で、車内にはその当時の痕跡が見て取れます。ダッシュボードには「ぎんれい雪上車」のプレートが残っています。この外形が全く異なる南極スペシャルも正式に「ぎんれい」なんだ・・・と、なぜか感動。こうして存在することで何気なく目にしていますが、実はこれは大変な歴史資料であって、現存する事自体が凄い事に違い有りません。

当時の雑誌「子供の科学」には木製模型用の簡単な図面がよく載っていましたが、このKD20-Tの号もありました(実はちょっと欲しい)。市販車でもあったKC20-3の方はソリッドモデルが売られていましたね。さすがは国家プロジェクト、当時の少年にとって南極観測隊はロマン溢れるものだったのでしょう。国産プラモデルの全盛時代だったらなぁ・・・とも思ったりします。


次回は北海道にある、もう一種類の雪上車について・・・ 


 ◆関連エントリー

○南極の雪上車 KD20-2T
●南極の雪上車 SM25S
●大原鉄工所 小型雪上車 SM15